上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
建築学科2年対象「アーバンデザイン」の授業サポートは、左フレーム「活動内容」→「授業ーアーバンデザイン」「授業ー現代都市計画」で行っています。
front03.jpg front04.jpg front06.jpg

front05.jpg front01.jpg front02.jpg

front15.jpg front16.jpg front14.jpg

front07.jpg front08.jpg front10.jpg

front12.jpg front13.jpg front11.jpg


スポンサーサイト
03/08|研究室の概要 基本スタンスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
フィールドワークにもとづく地域生活空間計画

1.研究テーマ
(1)アーバンデザインを考える  快適で美しい都市を作るための設計手法・計画プロセス
(2)まちづくりのフィールドワーク 歴史の町なみ、地域活性化、景観まちづくり
(3)東南アジアの都市と住まいの研究 カンボジアで王立芸術大学と合同調査

2.学習目標 地域固有の計画の立案・実現手法を学ぶ
・地域の文脈を把握する力を身につける
・地域の課題の改善に向けた(現実的な)提案をする力を身につける
・地域特性や改善提案のプレゼンテーション能力を身につける

04/17|研究室の概要 研究テーマコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
これまで20年の間に24回の海外調査を行ってきた。

広島工業大学着任後は、毎年夏季に3週間~1ヶ月程度10名前後の学生とともにカンボジア、フィリピン、インドネシアで調査を行ってきた。近畿大学着任後も、夏季には10名~15名、冬季には数名で、現地の大学と合同調査を実施している。

東南アジアのフィールドは、学生にとって、学習のモチベーションを高める絶好の機会である。学生の人間性の練磨とともに、都市計画や建築計画をゼロから考える機会を与えることができる。フィールドワークをもとに都市形成・都市計画原理を把握する中で、都市を読む技術を身につけることができる。

東南アジアをフィールドとし、地域固有の都市計画や建築計画の原理を明らかにする作業を通じて、「近代」や「西欧」に対置される世界での多様な計画原理一つ一つを着実に明らかにしていくことを研究テーマとして掲げている。

1991年よりインドネシアの都市計画研究に取り組んだ。フィールドは、インドネシア・ロンボク島であり、2002年3月に「ロンボク島の空間構造に関する研究 住居・集落にみる地域性の形成に関する考察」と題する論文を京都大学に提出し、博士(工学)の学位を得た。

2004年よりカンボジアをフィールドにうつし、都市計画・建築計画に関する調査研究を実施している。テーマは、プノンペンの都市構成、街区構成、ショップハウスの空間構成、都市居住空間の変容、街路空間におけるアクティビティ、住居集落の空間構成などである。
これらの成果は、日本建築学会計画系論文集で報告してきた。

カンボジアは1991年の和平達成後20年が経過した。首都プノンペンは、都市化が徐々に進展しており、開発圧力の潜在性は依然と高い。カンボジアの自然環境や社会環境に相応しい建築や都市居住のモデルを示すことが急務でもある。これまで築いてきた様々なネットワークをもとに、研究成果の還元も視野に入れた活動を展開していきたい。

2010年には、インドネシアのスマトラ島沖地震後の町並み復興計画ならびにカンボジア北部の世界遺産プレアビヒア寺院周辺のエコビレッジ計画に携わった。

東南アジアをフィールドとして、調査研究と計画を連携的に実践することを通して、建築計画・都市計画のあり方を追求していきたい。
04/17|研究室の概要 研究テーマコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
都市計画の学習には、具体的なフィールドの存在が不可欠である。

これまで地域のまちづくり計画の現場に様々なかたちで関わってきた。島根女子短期大学時代は、松江市、斐川町、津和野町、旧木次町、広島工業大学時代は、広島県の広島市、宮島町、大竹市、三次市、岡山県津山市などで、近畿大学着任以降は、大阪市、東大阪市、島根県、出雲市、益田市で様々なまちづくり計画に関わっている。

島根では、松江市中心市街地に建つ昭和2年建造の近代建築に学外合同研究室である「まちかど研究室」を設置し、また広島では、現在、伝建地区指定を視野に入れた調査が実施されている宮島の町並みの中に建つ昭和10年建造の町家を「広島工業大学地域環境宮島学習センター」として整備・活用する中で、学生に対する都市計画の教育を実践してきた。

まちなかに教育研究の活動の拠点を設定することで、地域の人々とのコミュニケーションを通じた学生教育の機会が確保できるだけでなく、様々な研究成果の還元の機会も容易に設定が可能になる。島根女子短大での松江、広島工業大学での宮島のような、まちづくり活動のフィールド拠点を地域の中に求める中で、教育活動と研究活動を連動させながら活動を進めていきたい。

同時に、自治体や市民団体と連携したまちづくり活動を教育研究の場として活用していきたい。

広島工大時代は、津山市の市民団体「まちづくり本舗」と連携した「まちづくり計画」の策定(5回のワークショップ実施)、三次市役所と連携した景観条例・景観計画の検討(5回のワークショップ実施)、大竹市教育委員会等と連携した「まちづくり学校」等のワークショップ(全12回)を、研究室の学生とともに行ってきた。また、大学のプロジェクトとして、複数の研究室の学生とともに、JR広島駅前再開発地区あるいは宮島にてワークショップを実施してきた。

近畿大学着任後は、大阪市の事業であるまちづくり担い手養成講座(全4回/年)、マイルドHOPEゾーン協議会の助成で「空堀子どもまちづくりの会」による子どもまちづくりの実践(WS4回/年)、島根県・出雲市と連携した出雲大社門前町の町並みデザイン整備、益田市と連携した景観まちづくりの推進を実施している。

研究に関しては、自らを参加型研究者と位置づけ、松江市などでの実践をもとに研究論文を発表してきた。

都市に計画学会で発表した3編の論文は、松江市での活動をベースとしたものであり、松江市の都市構成上のポテンシャルを明らかにするとともに、学外合同研究室である「まちかど研究室」や「松江まちづくり塾」での実践をもとに、市民参加のまちづくりの計画論について検討したものである。

また、日本建築学会計画系論文集で2010年2011年に発表した大阪空堀地区と中崎地区に関する論文は、路地や長屋の冗長性に着目し、住民やアーティストや店舗経営者によってまちなかの空間が使い変えられる、その様態を明らかにしている。空堀も中崎も、まちづくりの現場として接してきたエリアであり、関わりの中から見出した地区の空間特性を、現地調査をもとに明らかにしたものである。

今後の研究テーマの一つは、ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)という概念を導入した市民まちづくり活動の分析である。市民社会の到来とともに、地域の都市計画に際して、市民の自発的・自律的なまちづくり活動の推進が重視されるが、それらの活動を活性化するための計画技術を検討している。人的ネットワークやまちづくり意識の醸成のためのまちづくりワークショップ手法の分析等を行っている。
04/17|研究室の概要 研究テーマコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
1.研究成果を社会に還元する
 閉じた研究はしない。研究成果はなんらかのかたちで社会に還元されることが必要。地域や都市を対象にした研究においては、成果を還元する回路をもつことが大切。地域の人々、自治体の人々に対する説明責任を果たせる調査研究活動を。

2.アウトプットを大切にする
 成果を還元するためにも、アウトプットの方法を確立する必要がある。HPの作成や研究室年報の作成など、定期的に、活動内容を公開するための自前のメディアをもつ必要がある。個々の活動においても、アウトプットを想定しながら、作業して欲しい。

3.研究室の蓄積をつくる
 同じことを毎年繰り返しても仕方がないので、研究成果をはじめ、もろもろの活動は、きちんと記録し、蓄積していく必要がある。「いま」、「ここ」で活動している意味を確認するためにも記録をつくることは重要。節目節目に成果を明らかにしながら、蓄積させることで、

4.ディスカッションを大切にする
 人それぞれの顔が異なるように、個人個人の考え方は異なる。異なった考え方に出会うことで、自らが触発される場面を大切にしたい。個々人のテーマを個々人で考えるのではなく、みんなで考えることで、広がりや深みを導き出したい。

5.やりたいことをする
 各自がやりたいことが実現できる場にしたい。そのためにも、まず自分が何がしたいのかを自らに問い続けることが必要。やりたいことなんて、総じて、不明瞭で、モヤモヤとしたものであるが、方向を誤らないためにも、問い続けることは必要。

6.自分の範囲を限定しない
 幅広い関心をもつことが大切である。視野を広く持ち、さまざまなことに興味・関心をもつ中で、自らを広げることが重要。せめて研究室の中では、他の人がやっているテーマ等にも関心をもち、いっしょに考えるというスタンスをもつことが大切。

7.他の研究室・他の大学と交流する
 異なった他者から刺激を受けつつ、自らを高めていくというスタンスを取るには、大学の他の研究室や他の大学、他の専門分野の人々との交流が重要になってくる。「閉じない」というスタンスを大切にしたい。

8.まちの人と語らう
 「まちの人は、そのまちの専門家である」という言葉がある。その地域に住んでいる人が、そのまちのことを一番よく知っている。我々外部から訪れるものは、その「所在なさ」を実感することが必要であり、離れた距離を縮めるために、まちの人と語らうことが大切である。

9.アクション!
 頭で考えていても、わからないことは多い。特に都市計画や建築の分野では、地域や場所がベースになるため、答えは、本の中にあるというより、その地域の中にある場合が多い。とりあえず、アクションを起こす中から、見つかる答えもある。行動力を期待したい。

10.言葉だけでなく線も、線だけでなく言葉も
 設計か論文かではなく、設計も論文も。環境デザインを専攻していることの特異性は、線が引けることにある。言葉だけなら、社会学や経済学など他分野の人間でも生み出すことができるが、線は我々でなければ引けない。とはいえ必ずしも線だけ引ければいいわけではない。現実に深く寄り添いながら、社会的な言葉とリンクしながら、線を引くというスタンスが欲しい。

11.真実を感じること
 そこにある真実を知ることが目的である。そのために幅広い知識と深い洞察が必要になるわけであるが、真実はアンケートのデータ処理や統計処理から明らかになるものではなく、私たちの感覚が重要。アンケートはいわば感覚を裏付けるための、所作にすぎない。


04/17|研究室の概要 基本スタンスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
1)脇田祥尚,布野修司,牧 紀男,青井哲人「デサ・バヤン(インドネシア・ロンボク島)における住居集落の空間構成」(日本建築学会計画系論文集 NO.478 pp.61-66 1995.12)

2)脇田祥尚,布野修司,牧 紀男,青井哲人,山本直彦「ロンボク島(インドネシア)におけるバリ族・ササック族の聖地,住居集落とオリエンテーション」(日本建築学会計画系論文集 NO.489 pp.97-102 1996.11)

3)布野修司,脇田祥尚,青井哲人,牧 紀男「チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)の街区構成 チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その1」(日本建築学会計画系論文集 NO.491 pp.135-140 1997.1)

4)山本直彦,田中麻里,脇田祥尚,布野修司「ルーマー・ススン・ソンボ(スラバヤ,インドネシア)の共用空間利用に関する考察」(日本建築学会計画系論文集 NO.502 pp.87-92 1997.12)

5)布野修司,牧 紀男,脇田祥尚,青井哲人,山本直彦「チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)の祭祀施設と住区組織 チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その2」(日本建築学会計画系論文集 NO.503 pp.151-156 1998.1)

6)山本直彦,布野修司,脇田祥尚,三井所隆史「デサ・サングラ・アグン(インドネシア・マドゥラ島)における住居および集落の空間構成」(日本建築学会計画系論文集 NO.504 pp.103-108 1998.2)

7)布野修司,牧 紀男,脇田祥尚,山本直彦,青井哲人「チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)における住み分けの特性 チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その3」(日本建築学会計画系論文集 NO.510 pp.185-190 1998.8)

8)脇田 祥尚、田中 隆一「城下町を基盤とした近代都市計画の展開-松江市における都市施設の分布と街路計画に着目して-」(日本都市計画学会都市計画論文集34号pp.577-580 1999)

9)布野修司、脇田祥尚、渡辺菊眞、佐藤圭一、根上英志「チョウリンギー地区(カルカッタ、インド)の形成とその変容」(日本建築学会計画系論文集 Vol.66 NO.548 pp.161-168 2001.10)

10)脇田祥尚、黒谷靖雄、田中隆一「多様な専門家の関わりによる市民まちづくりの推進に関する研究 松江市における「まちかど研究室」による市民まちづくりの実践」(日本都市計画学会都市計画論文集36号 2001)

11)山口潔子、布野修司、安藤正雄、脇田祥尚、柳沢究「ヴィガン(北ルソン、フィリピン)の街区構成に関する考察」(日本建築学会計画系論文集 Vol.67 NO.553 pp.209-214 2002.3)

12)脇田祥尚、黒谷靖雄、田中隆一「参加のまちづくりの学習プログラムに関する研究 ―松江まちづくり塾を事例として―」(日本都市計画学会都市計画論文集37号 2002)

13)山口潔子、布野修司、安藤正雄、脇田祥尚「ヴィガン(イロコス,フィリピン)における住宅の空間構成と街区分割」」(日本建築学会計画系論文集 Vol.68 NO.572  pp.1-7 2003.10)

14)脇田祥尚、白石英巨「プノンペン(カンボジア)におけるショップハウスの空間構成と街区構成に関する考察」(日本建築学会計画系論文集 Vol.72 NO.616 pp.7-14 2007.6)

15)脇田祥尚、白石英巨「プノンペン(カンボジア)の都心街区における外部空間利用」(日本建築学会計画系論文集 Vol.73 NO.631 pp.1939-1945 2008.9)

16)脇田祥尚、川田叔生「プサー・チャー(カンボジア・プノンペン)にみる市場の空間構成」(日本建築学会計画系論文集 Vol.75 NO.649 pp.587-594 2010.3)

17)Yoshihisa Wakita and Hideo Shiraishi : Spatial Recomposition of Shophouses in Phnom Penh, Cambodia, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, vol.9 no.1 May 2010

18)脇田祥尚、前田幸大「水上集落における住居・集落の空間構成 -アンロン・タ・ウー村(カンボジア・トンレサップ湖)を事例にして-」(日本建築学会計画系論文集 Vol.75 No.655 pp.2107-2114 2010.9)

19)上段貴浩、脇田祥尚「アートイベントによって顕在化する歴史的市街地の地域資源 -「からほりまちアート」を事例として-」(日本建築学会計画系論文集 Vol.75 No.658 pp.2873-2880 2010.12)

20)脇田祥尚、八尾健一「不法占拠地区の居住空間構成 -ボレイケラ地区(カンボジア・プノンペン)を事例として-」(日本建築学会計画系論文集 Vol.76 No.659 pp.1-8 2011.01)

21)脇田祥尚「コンバージョンによる長屋と路地の空間更新 中崎町界隈(大阪市北区)を事例として」(日本建築学会計画系論文集 vol.76 No.660 pp.287-279 2011.02)

22)梶本希、脇田祥尚、上段貴浩「プノンペン(カンボジア)都心部における高床式住居の空間変容」(日本建築学会計画系論文集 vol.77 No.672 pp.275-282 2012.02)

23)脇田祥尚、森本純一「歴史的市街地における小学生のためのまちづくり教育 「空堀子どもまちづくり」を事例として」(日本建築学会技術報告集 18(39) pp.715-720, 2012.06)
04/18|教員実績 研究コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
1)布野修司編『日本の住宅戦後50年』彰国社1995

2)ロクサーナ・ウォータソン著、布野修司監訳『生きている住まいー東南アジア建築人類学ー』学芸出版社1997

3)『建築思潮05 漂流する風景ー現代建築批評』学芸出版社1997

4)日本建築学会中国支部中国地方まち並み研究会編『中国地方のまち並みー歴史的まち並みから都市デザインまでー』中国新聞社1999

5)都市史図集編集委員会『都市史図集』彰国社1999

6)布野修司編アジア都市建築研究会『アジア都市建築史』昭和堂2003(2011年中国にて翻訳出版)

7)日本建築学会編『まちづくり教科書第1巻 まちづくりの方法』丸善2004

8)日本建築学会編『まちづくり教科書第4巻 公共建築の設計者選定』丸善2004

9)日経アーキテクチュア編『建築家が選んだ名建築ガイド』日経BP社2005

10)布野修司編『世界住居誌』昭和堂2005(2011年中国にて翻訳出版)

11)脇田祥尚『みんなの都市計画』理工図書2009

12)鶴田敦子他『文部科学省検定済教科書 家庭総合 明日の生活を築く』開隆堂2012

13)金田利子他『文部科学省検定済教科書準拠 家庭総合学習指導書 資料編』開隆堂2013

14)脇田祥尚『スラムの計画学 カンボジアの都市建築フィールドノート』めこん2013
04/18|教員実績 研究コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
(自治体等の設置する委員会の委員)

1995年度 「島根県地域建築設計資料集成」作成委員会委員(至1997年度)
1995年度 松江市障害者基本計画策定協議会やさしいまちづくり部会委員
1996年度 出雲市公営住宅再生マスタープラン検討委員会委員
1996年度 島根県「高齢社会の住宅設計指針」検討委員会委員
1996年度 「松江まちなみ・まちづくり塾」講師(至1998年度)
1996年度 島根県景観アドバイザー(至2002年度)
1996年度 松江市建築審査会委員(至2002年度)
1997年度 島根県渓流環境整備指針検討委員会
1997年度 津和野町後田地区コミュニティーゾーン形成事業検討協議会委員(至1999年度)
1997年度 松江市デザイン委員会委員(至2002年度)
2000年度 松江市「歩いて暮らせるまちづくり」事業検討委員会委員長
2000年度 木次町住宅マスタープラン策定検討委員会委員
2001年度 木次町都市マスタープラン策定検討委員会委員
2001年度 智頭町医療・保健・福祉総合センター計画検討委員会委員
2002年度 松江市土地利用方針策定協議会委員
2003年度 木次町道路網計画検討委員会委員
2004年度 カンボジアひろしまハウス事業運営委員会アドバイザー(至2006年度)
2005年度 土地の動向を踏まえた新たな地域社会の構築に資する土地利用施策のあり方に関する調査研究 三次市モデル調査連絡会議座長
2005年度 三次市都市計画審議会委員(現在に至る)
2006年度 三次市景観計画検討委員会委員長
2006年度 国土交通省中国地方整備局景観アドバイザー
2007年度 三次市景観評価員(現在に至る)
2008年度 三次都市圏都市計画道路見直し検討委員会委員
2008年度 生駒市建築審査会委員(現在に至る)
2009年度 益田市都市計画マスタープラン策定委員会アドバイザー(現在に至る)
2009年度 益田市景観アドバイザー(現在に至る)

(設計競技の審査委員等)

1997年度 安来市市営住宅プロポーザルコンペ審査会委員
1998年度 出雲市科学館設計者選定競技審査会委員
1999年度 4高専建築シンポジウム公開設計競技審査委員
2000年度 智頭町医療・保健・福祉総合センター設計者選定競技審査会委員
2001年度 安来市主催「学生による住宅建築設計コンテスト」審査委員
2001年度 安来市主催設計競技(プロポーザル方式)審査委員
2002年度 仁摩町立生涯学習センター設計者選定競技審査委員
2007年度 安来市庁舎設計者選定競技審査委員

(自治体等と連携したワークショップの企画運営)

1999年度 斐川町原鹿江角家保存利用計画に関わる地域住民参加プログラム企画運営(至2000年度)
1999年度 津和野町後田地区コミュニティーゾーン形成事業ワークショップ企画運営(至2000年度)
2000年度 津和野町サイン計画策定に関わるワークショップの企画運営
2003年度 大竹子ども巨大マップづくりワークショップ(全2回)企画運営(至2004年度)
2003年度 木次町道路網計画のためのワークショップ企画運営
2004年度 大竹子どもまちづくり学校(全10回)企画運営(至2005年度)
2004年度 市民版津山まちづくり計画策定のためのワークショップ(全4回)企画運営(至2005年度)
2005年度 三次市景観まちづくりワークショップ(全5回)企画運営
2009年度 大阪市まちづくり担い手育成講座コーディネーター

(所属するNPO等の市民団体)

1996年度 出雲建築フォーラム事務局長(至2000年度)
1999年度 松江まちかど研究室コーディネーター(至2002年度)
2001年度 出雲建築フォーラム副会長(至2002年度)
2004年度 NPO法人まつえ・まちづくり塾理事(現在に至る)
2004年度 宮島町並みを考える会会員(現在に至る)
04/18|教員実績 社会コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
所属学会

1992年4月 日本建築学会
1999年4月 日本都市計画学会

学会における活動

1998年4月  日本建築学会農村計画委員会ルーラルデザイン小委員会委員(至2000年3月)
1998年4月  日本建築学会中国支部島根支所幹事(至2002年9月)
1999年4月  日本建築学会大会公開シンポジウム(米子会場)実行委員会委員(至2000年3月)
1999年4月  日本建築学会中国支部建築計画委員会委員(現在に至る)
2001年7月  日本建築学会「建築雑誌」編集委員会委員(至2003年6月)
2003年4月  日本建築学会中国支部都市計画委員会委員(至2007年3月)
2005年4月  日本都市計画学会中国四国支部企画研究委員会委員(至2007年3月)
2006年4月  日本建築学会120周年記念事業中国支部提案競技実行委員会委員長(至2006年10月)
2008年4月 日本建築学会建築計画本委員会委員

04/18|教員実績 学会コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。