上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
1)脇田祥尚,布野修司,牧 紀男,青井哲人「デサ・バヤン(インドネシア・ロンボク島)における住居集落の空間構成」(日本建築学会計画系論文集 NO.478 pp.61-66 1995.12)

2)脇田祥尚,布野修司,牧 紀男,青井哲人,山本直彦「ロンボク島(インドネシア)におけるバリ族・ササック族の聖地,住居集落とオリエンテーション」(日本建築学会計画系論文集 NO.489 pp.97-102 1996.11)

3)布野修司,脇田祥尚,青井哲人,牧 紀男「チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)の街区構成 チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その1」(日本建築学会計画系論文集 NO.491 pp.135-140 1997.1)

4)山本直彦,田中麻里,脇田祥尚,布野修司「ルーマー・ススン・ソンボ(スラバヤ,インドネシア)の共用空間利用に関する考察」(日本建築学会計画系論文集 NO.502 pp.87-92 1997.12)

5)布野修司,牧 紀男,脇田祥尚,青井哲人,山本直彦「チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)の祭祀施設と住区組織 チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その2」(日本建築学会計画系論文集 NO.503 pp.151-156 1998.1)

6)山本直彦,布野修司,脇田祥尚,三井所隆史「デサ・サングラ・アグン(インドネシア・マドゥラ島)における住居および集落の空間構成」(日本建築学会計画系論文集 NO.504 pp.103-108 1998.2)

7)布野修司,牧 紀男,脇田祥尚,山本直彦,青井哲人「チャクラヌガラ(インドネシア・ロンボク島)における住み分けの特性 チャクラヌガラの空間構成に関する研究 その3」(日本建築学会計画系論文集 NO.510 pp.185-190 1998.8)

8)脇田 祥尚、田中 隆一「城下町を基盤とした近代都市計画の展開-松江市における都市施設の分布と街路計画に着目して-」(日本都市計画学会都市計画論文集34号pp.577-580 1999)

9)布野修司、脇田祥尚、渡辺菊眞、佐藤圭一、根上英志「チョウリンギー地区(カルカッタ、インド)の形成とその変容」(日本建築学会計画系論文集 Vol.66 NO.548 pp.161-168 2001.10)

10)脇田祥尚、黒谷靖雄、田中隆一「多様な専門家の関わりによる市民まちづくりの推進に関する研究 松江市における「まちかど研究室」による市民まちづくりの実践」(日本都市計画学会都市計画論文集36号 2001)

11)山口潔子、布野修司、安藤正雄、脇田祥尚、柳沢究「ヴィガン(北ルソン、フィリピン)の街区構成に関する考察」(日本建築学会計画系論文集 Vol.67 NO.553 pp.209-214 2002.3)

12)脇田祥尚、黒谷靖雄、田中隆一「参加のまちづくりの学習プログラムに関する研究 ―松江まちづくり塾を事例として―」(日本都市計画学会都市計画論文集37号 2002)

13)山口潔子、布野修司、安藤正雄、脇田祥尚「ヴィガン(イロコス,フィリピン)における住宅の空間構成と街区分割」」(日本建築学会計画系論文集 Vol.68 NO.572  pp.1-7 2003.10)

14)脇田祥尚、白石英巨「プノンペン(カンボジア)におけるショップハウスの空間構成と街区構成に関する考察」(日本建築学会計画系論文集 Vol.72 NO.616 pp.7-14 2007.6)

15)脇田祥尚、白石英巨「プノンペン(カンボジア)の都心街区における外部空間利用」(日本建築学会計画系論文集 Vol.73 NO.631 pp.1939-1945 2008.9)

16)脇田祥尚、川田叔生「プサー・チャー(カンボジア・プノンペン)にみる市場の空間構成」(日本建築学会計画系論文集 Vol.75 NO.649 pp.587-594 2010.3)

17)Yoshihisa Wakita and Hideo Shiraishi : Spatial Recomposition of Shophouses in Phnom Penh, Cambodia, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, vol.9 no.1 May 2010

18)脇田祥尚、前田幸大「水上集落における住居・集落の空間構成 -アンロン・タ・ウー村(カンボジア・トンレサップ湖)を事例にして-」(日本建築学会計画系論文集 Vol.75 No.655 pp.2107-2114 2010.9)

19)上段貴浩、脇田祥尚「アートイベントによって顕在化する歴史的市街地の地域資源 -「からほりまちアート」を事例として-」(日本建築学会計画系論文集 Vol.75 No.658 pp.2873-2880 2010.12)

20)脇田祥尚、八尾健一「不法占拠地区の居住空間構成 -ボレイケラ地区(カンボジア・プノンペン)を事例として-」(日本建築学会計画系論文集 Vol.76 No.659 pp.1-8 2011.01)

21)脇田祥尚「コンバージョンによる長屋と路地の空間更新 中崎町界隈(大阪市北区)を事例として」(日本建築学会計画系論文集 vol.76 No.660 pp.287-279 2011.02)

22)梶本希、脇田祥尚、上段貴浩「プノンペン(カンボジア)都心部における高床式住居の空間変容」(日本建築学会計画系論文集 vol.77 No.672 pp.275-282 2012.02)

23)脇田祥尚、森本純一「歴史的市街地における小学生のためのまちづくり教育 「空堀子どもまちづくり」を事例として」(日本建築学会技術報告集 18(39) pp.715-720, 2012.06)
スポンサーサイト
04/18|教員実績 研究コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
1)布野修司編『日本の住宅戦後50年』彰国社1995

2)ロクサーナ・ウォータソン著、布野修司監訳『生きている住まいー東南アジア建築人類学ー』学芸出版社1997

3)『建築思潮05 漂流する風景ー現代建築批評』学芸出版社1997

4)日本建築学会中国支部中国地方まち並み研究会編『中国地方のまち並みー歴史的まち並みから都市デザインまでー』中国新聞社1999

5)都市史図集編集委員会『都市史図集』彰国社1999

6)布野修司編アジア都市建築研究会『アジア都市建築史』昭和堂2003(2011年中国にて翻訳出版)

7)日本建築学会編『まちづくり教科書第1巻 まちづくりの方法』丸善2004

8)日本建築学会編『まちづくり教科書第4巻 公共建築の設計者選定』丸善2004

9)日経アーキテクチュア編『建築家が選んだ名建築ガイド』日経BP社2005

10)布野修司編『世界住居誌』昭和堂2005(2011年中国にて翻訳出版)

11)脇田祥尚『みんなの都市計画』理工図書2009

12)鶴田敦子他『文部科学省検定済教科書 家庭総合 明日の生活を築く』開隆堂2012

13)金田利子他『文部科学省検定済教科書準拠 家庭総合学習指導書 資料編』開隆堂2013

14)脇田祥尚『スラムの計画学 カンボジアの都市建築フィールドノート』めこん2013
04/18|教員実績 研究コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。