FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
試験範囲は、全範囲です。2回の中間試験の内容の復習をちゃんとしておいてください。
用途地域については、用語集や中間試験では取り扱っていませんが、土地利用計画の基本的事項ですので、勉強しておいてください。

何度か言っていますが、試験は、落とすためのものではありません。全員がA(優)をとるのが一番望ましいかたちだと思っていますので、試験頑張ってください。

成績判定については、シラバスに記載している通りです。
レポート20%、中間試験30%、期末試験50%です。
中間試験は2回実施していますので、それぞれ15%の配分になります。15点満点に換算した点数を私の部屋の前に掲示しています。
レポートについては12回にわたって提出してもらったもので採点します。最終レポートは9点分の重みがありますので、これまでレポートを出していない人も最終レポートだけでも提出してください。

中間試験を1回でも受験していない人は、放棄とみなします。期末試験を受けても単位を認定しませんでの了承ください。

成績判定については原則として以上の通りです。もろもろ柔軟に対応しますので、柔軟な対応を希望する人は直接訪問ください。

最後に。アーバンデザインに比べて現代都市計画は難しかったと思いますが、私なりにわかりやすく説明するよう努力したつもりです。
以下、配慮した点。
・書き込み式のレジメ配布
・理解すべき専門用語集を作成
・具体的な事例の説明と理論との関連づけて説明
・制度やまちづくりの適用された地域の写真を示しながら説明
・大量の知識を期末試験時に詰め込みで覚えなくてすむように、2回の中間試験の実施

社会に出た時に、建築家・建築技術者の卵として、最低限知っておくべき知識は知っておいてもらわないと、みなさんが恥をかくことになるので、「わかりにく」「おもしろくない」と言われながらも、ややこしい専門用語や制度を説明した次第です。ご理解ください。

私の授業を通じて少しでも多くの人が、都市計画に興味をもってもらえると幸いです。
05/17|授業 現代都市計画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。