FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
外部空間の計画
個と全体のデザイン 
時間性 
 ①1日
 ②1年
 ③エイジング
 ④日常・非日常 遷移空間

関係性 
 豊かな中間領域・緩衝空間の形成
 親水空間・緑空間の配置
 広場空間・囲み空間・街路空間・路地空間への配慮

外部空間の計画
スケール
 D/H比(メルテンスの法則)
 D/H=1・・・細部が見える
 D/H=2・・・全体を眺められる
ヒエラルキー
 均質な空間ではなく、空間に階層性を与える
  外部的⇔内部的
  公式的⇔私的
  多人数⇔少人数
  雑踏的⇔静寂的
  動的⇔静的
空間演出
 ヴィスタ・・・「通景」「見通し景」
 アイストップ・・・道路の突き当たりにある建物など
 ランドマーク・・・地域を特徴づける目印
 スカイライン・・・建築群のシルエットの形づくる線
 シークエンス
  移動に伴う景観の連続や変化、シーン展開の継起的なつながり
   折れ曲がり
   見え隠れ・・・床の高低差、樹木配置、建物配置

事例 大徳寺 高桐院

構築物はシンメトリカル(対称)な構成
土塀による領域性と中央の道が緊張感を高める
突き当たりの板戸がアイストップとなる
樹木は有機的な形態→構築物の硬さを和らげる

40mの楓林で自然を体感→時間性を感じる
正面奥の客殿玄関がアイストップとなり、敷石、竹手すりによる奥行き感とともに意識を奥に集める

広々とした楓林からスケールダウン。空間の階層的展開。
塀が、奥行きと建築物の存在を演出。
アイストップとしての門。門による分節が次の空間への期待感を高める。

アプローチ空間最後の最もスケールダウンした空間。
樹木は様々なかたちで剪定され、こじんまりとしながらも変化に富む空間。
アイストップとしての門、門によって切り取られた庭が期待感を高める。
04/27|授業 アーバンデザインコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。