FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
アーバンデザイン総括その1
1.都市デザインの特徴として①総合的デザイン、②関係のデザイン、③風土のデザイン、④継続のデザインの4つが挙げられる。代官山ヒルサイドテラスを対象に、以上の4つについて具体的に説明せよ。

総合的デザイン・・・建築だけでなく都市景観を形成するあらゆる要素を捉える
 建築
 樹木・植栽
 地面
 街灯

関係のデザイン・・・都市に存在する様々なものの相互の関係によって都市デザインが成立する
 建築と建築の関係
 建築と樹木
 建築と地形
 建築と背景
       ・・・異質・多様・多数の主体相互の関係の中で都市デザインが生まれる
 私と公
 建築と土木

風土のデザイン・・・既存の自然や文化がベースとなる
 地形
 緑
 祠・神社

継続のデザイン・・・都市デザインが完成・完結することなく永遠に未来に向かうデザイン
 35年間15棟の代官山ヒルサイドテラス
 シビックデザインとしての建築デザイン

2.大徳寺高桐院の参道空間を対象に、デザインの時間性について3つのポイントを挙げ具体的に述べよ。

1日 朝昼晩。日差し、風。
1年 春夏秋冬。新緑、紅葉、落葉。
エイジング
 自然素材。
 時を経るごとに美しくなる。古びる。
 自然の樹木。成長・変化

3.町並み形成に配慮しながら、建築あるいは敷地のデザインを考える際のポイントを8つ挙げ、それぞれ簡潔に説明せよ。

4.写真に見られる建築物のアーバンデザイン的特徴を3つあげ具体的に説明せよ。
 上層階をセットバックさせることで歩行者に対する圧迫感をなくし低層の町並みを実現
 ファサードを分節化することによって、一つ一つの構成要素をスケールダウンし、圧迫感を低減する
 1階部分の内部外部の境界線を消し、中と外の関係をつくる


07/13|授業 アーバンデザインコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。