上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

土地利用の課題
 土地利用の混在
 市街地のスプロール
 大都市の拡大とドーナツ化現象
 地方都心部の衰退

土地利用計画の方法
1.都市計画を行う範囲の設定
 都市計画区域の設定
2.都市計画区域の中を都市と農村に分ける
 線引き・区域区分
3.土地利用の実施
 地域地区・用途地域の設定
4.特定の地区の土地利用計画
 地区計画等の設定

区域区分(線引き)
市街化区域
 都市施設を配置、用途地域の指定、計画的に市街地形成
市街化調整区域
 市街化を抑制、農村的な土地利用

目的
 市街地の無秩序な拡大(市街地スプロール)の防止
 市街地の計画的な拡大と都市施設の効率的な整備

用途地域
 地域地区制の1つ
 市街化区域の全域に対して12種類の用途地域を指定
 住居系、商業系、工業系の3系統
 規制内容
  用途規制
  形態規制 建蔽率、容積率、高さ、日影、敷地面積、壁面後退

地区計画
 特徴
  地区単位でつくる計画で、地区独自のまちづくりのルールとなる
  都市計画法に定められている制度
  住民の意見を反映させて定める
 内容
  「地区計画の方針」と「地区整備計画」で構成
  施設、建築物・敷地の用途・面積・高さなどの制限
11/18|授業 現代都市計画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。