FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

ワークショップの手法
・参加の場の作り方
   メンバー構成、会場設営
・ディスカッションの手法
   KJ法、カードや写真の利用
   模造紙に表現
   個人→グループ
   ファシリテーター/テーブルリーダー
・プログラムの構成
   歩く→グループワーク→全体共有
   専門家による情報提供・意味づけ
・情報の共有のしかた
   「まちづくり便り」の存在

ワークショップの効果
・様々な知恵の集まり
・水平の意見交換
・考えを表現 一人から皆へ
・自由な着眼、アイデア
・まちづくり仲間誕生
・協力の関係づくり
・まちを語る場の確認
・市民の発展・交流の機会
・市民と行政の新しい関係
01/09|授業 現代都市計画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。