FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
20070622132230.jpg 20070622132240.jpg 20070622132250.jpg


1.大徳寺高桐院にみる外部空間の構成

20070424133954.jpg

●構築物はシンメトリカル(対称)な構成
●土塀による領域性と中央の道が緊張感を高める
●突き当たりの板戸がアイストップとなる
●樹木は有機的な形態→構築物の硬さを和らげる

20070424134002.jpg

●40mの楓林で自然を体感→時間性を感じる
●正面奥の客殿玄関がアイストップとなり、敷石、竹手すりによる奥行き感とともに意識を奥に集める

20070424134010.jpg

●広々とした楓林からスケールダウン。空間の階層的展開。
●左側の塀が、建築物の存在を予感させる。
●奥行き10mの短い区間だが、塀が奥行き感を出すとともに、門による分節が次の空間への期待感を高める

20070424134027.jpg

●アプローチ空間最後の最もスケールダウンした空間。
●樹木は様々なかたちで剪定され、こじんまりとしながらも変化に富む空間。
●アイストップとしての門、門によって切り取られた庭が期待感を高める。

2.慈照寺銀閣参道にみる外部空間の構成

20070424134035.jpg

●両側の高垣によるスケールアウトな空間
●緑壁、青空、白砂による抽象空間
●高垣の分節化によって圧迫感を和らげる
・生垣を2層に分断
・生垣・竹垣・石垣の3層構成
●アイストップとして中門前の石碑の存在
●総門前の格式ある空間と中門奥の広がりのある空間とをつなぐ特徴的な空間

3.外部空間の構成を読む 日本建築の外部空間
3-1 アイストップ・奥行き・スケール・分節
3-2 空間のヒエラルキー

 格
 真・行・草
3-3 シークエンス
 回遊性
 見え隠れ
 折れ曲がり
3-4 対称・非対称、人工と自然、時間性
01/03|授業 アーバンデザインコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。