FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
20070622132302.jpg 20070622132403.jpg 20070622132415.jpg


1.住宅地の計画指針
独自性・・・自己表現のためのデザイン
開放性・・・外部との関係を円滑にするデザイン
連続性・・・近隣とのつながりをつくるデザイン
シンボル性・・・街角を演出するデザイン
地域性・・・街のなかでのあり方に対するデザイン

2.住宅地の設計技法
2-1 設計技法選定の基本的考え方
(1)ヒューマンスケールを大切に
(2)自然地形(水と緑)をいかす
(3)歴史をいかす
(4)色彩は控えめに、素材をいかす
(5)維持・管理の考慮

2-2 住宅地設計のポイント
(1)配置
敷地と建物との関係
アクセスと敷地利用
・アプローチ
・エントランス
・敷地内空き地(サービスヤード・裏庭・駐車場・自転車置き場)
・隅切部分への配慮
・ピロティ、通り庭
・敷地の統合・一体的利用
(2)境界
道路と敷地との関係
道路から見える境界領域
・敷地造成
・法面・擁壁
・公開空地、壁面の後退
・境界部分(フェンス、生垣、塀、フラワーベルト、花壇)
・庭、庭木
・床面の舗装
・1・2階の利用形態
・街角の利用形態
(3)要素
道路から見える建物とその部分
ものの形態・色彩・材質
・屋根、屋上
・壁面、窓、ひさし
・ベランダ、バルコニー
・床面、スロープ、屋外階段
・設備
・テント、アーケード
・広告、看板、旗
・サイン、掲示板、案内
・照明、彫刻、壁画

3.住宅地の設計事例 六甲アイランドの住宅地計画
20070508130155.jpg

3-1 周辺と調和した建物構成
高さをそろえる
壁面線をそろえる
住宅のかたちをシンプルに
リズムをつけた建物配置
調和に配慮した壁面色彩・素材

3-2 植栽帯による豊かな中間領域
多様な樹種による季節感の演出
高木・中木・低木の組み合わせ
高木並木による街並みのリズム
公共植栽と個人庭の植栽による豊かな植栽帯
植栽境界による開放的な宅地構成

3-3 ヒューマンスケールな道路デザイン
(1)ボンエルフの実施
・イメージハンプ
・ボンエルフ・生活の庭・歩車共存・コミュニティ道路
(2)ヒューマンスケールな道路構成
・9.5mのパークロード
・6m・4m幅員の道路構成
・2mのフットパス
(3)舗装パターンの工夫
・多様な舗装パターン
・アクセントを加え変化を演出

3-4 ストリートファニチュアのデザイン
車庫のデザイン
門柱
照明
ごみ置場

01/04|授業 アーバンデザインコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。