FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
カンボジアの首都プノンペンを対象とし、実測やヒアリングを通して都市居住の実態を把握することを目的に、一般的な都市住居であるショップハウスの平面構成について類型化を試みるとともに、都市居住を住居だけでなく街区全体への居住という視点を用意し、街区居住の形態についても考察を行った。


具体的には、街区内の宅地割りや路地形態の分析を行うとともに、アジア一帯で顕著な外部空間の活発な利用形態について、類型化を行った。

宅地割りについては、単数背割り型、複数背割り型、垂直路地型、ロの字型、複合型があることが明らかとなった。

プノンペンの中心部ドンペン地区は、東南アジアでもめずらしく中層のショップハウスが連続して建ち並ぶ地区であるが、ドンペン地区を対象に、ショップハウスによって形成される街路景観の特性についても考察を行った。個々のショップハウスのファサードは、①ベランダ、②たれ壁・櫛形窓・多孔ブロック、③手すり、④壁面仕上げ、⑤窓・ドア、⑥庇・増改築、⑦植栽・祠で構成されるが、4mグリッドで構成される街区ファサードが、個々の住戸の多様性に統一感を与えていることが明らかとなった。

またショップハウスの増改築に着目し、多様な増改築の事例を①居住面積の確保、②独立性の確保、③アクセス経路の変更という3点に整理し
た。

今後さらに東南アジアの都市部では開発圧力が高まり、集合住宅の需要が高まっていくと考えられるが、西洋型の集合住宅の型を導入するのではなく、その地域独自の居住様式に適合した集合住宅の型の検討が望まれる。

本研究の成果は、その基礎的研究として位置づけられるが、これら3点の特質をベースにしながら冗長性の高い建築計画技術の開発が望まれる。
04/21|アジア都市建築研究 カンボジアコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
Cambodia eVisa
カンボジアへの旅行促進のため、あなたのブログにe-ビザについての記事をお書きいただけませんか?詳しくは、 http://evisa.mfaic.gov.kh/needyourhelp.php?language=ja_JP をご覧。

ください。
From: Nicholas * 2007/08/14 13:07 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。