FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

ファシリテーション
企業内や学校内、地域のコミュニティーなど、組織での会議の場などで、発言を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し 相互理解を促進し、合意形成へ導き組織を活性化(協働を促進)させる手法・技術・行為の総称。

合意形成
ステークホルダー(関係者)の意見の一致を図ること。特に議論などを通じて関係者の根底にある多様な価値を顕在化させ、相互の意見の一致を図る過程のことをいう。コンセンサスともいう。

パートナーシップ
まちづくりの取り組みに不可欠なものとして唱えられている概念のひとつで、例えば、地域の課題解決に向けて、行政単独では解決できない問題がある場合、または市民だけでは解決できない問題などがある場合に、相互にお互いの不足を補い合い、ともに協力して課題解決に向けた取り組みをすること。

参加のはしご
社会学者シェリー・アーンスタインが1969年に唱えた概念。1.あやつり(Manipulation)、2.セラピー(Therapy)、3.お知らせ(Informing)、4.意見聴取(Consultation)、5.懐柔(Placation)、6.パートナーシップ(Partnership)、7.委任されたパワー(Delegated Power)、8.住民によるコントロール(Citizen Control)の8段階よりなる。

ワークショップ
地域にかかわる多様な立場の人々が参加し、コミュニティの諸課題をお互いに協力して解決し、更に快適なものにしていくために、各種の共同作業を通じて計画づくりなどを進めていく方法

パブリックコメント
行政の政策立案過程で国民の意見を募る制度(意見公募手続)。2005年6月の行政手続法の改正により新設された。行政機関が実施しようとする政策について、あらかじめ国民から意見を募り、それを意思決定に反映させることを目的としている。行政機関が命令や規則を策定または変更する場合、ホームページなどを通じて素案を公表し、国民から意見を募る。国民は電子メール、郵便などの方法で意見を提出する。

KJ法
川喜田二郎(文化人類学者)が考案した情報整理、創造性開発、または創造的問題解決をするための技法。あるテーマについてのグループ討論やブレーン・ストーミングなどを通じて、メンバーから提示された様々な意見や情報を1つずつカードや付箋紙に書き込み、類似したものを集めてグループ化・分類化し、タイトルをつけ、最終的に、関係性を図解化し情報を体系的に整理し、そのテーマの問題解決や状況考察をするための手がかりを得ることを目的とする。

審議会
公共政策の実施によって、影響を受ける利害関係者の同意を調達し、かつ政策遂行上必要とされる専門的知識や情報などを収集するために設けられた諮問機関。 構成員には、学識経験者、各界代表者、場合によっては、行政職員の幹部や地方議会議員も含まれる。

ファシリテーショングラフィック
ファシリテーションを行う時、「何について(議論の対象)、どのように(議論の構造)話しているか」参加者の認識を一致させるために、発言を記録・図式化したもののこと。各種の会議やまちづくりワークショップなどの場面で活用される。ホワイトボード、模造紙などを使い、その場の参加者全員に見えるように記録をとっていくことで、下記のような効果が期待できる。1.話の流れを俯瞰でき、論点がわかりやすくなる。2.触発されて新しい意見やアイデアが生まれやすくなる。3.感情的な論争をさけることができる。4.冗長な発言や繰り返しを減らすことができる。

NPO法人
ボランティア活動をはじめとする市民が行う自由な社会貢献活動としての非営利活動の健全な発展を促進し、もって公益の増進に寄与することを目的に制定された特別法である「特定非営利活動促進法」に基づき設立(認証)された特定非営利活動法人のこと。
12/27|授業 現代都市計画コメント(1)トラックバック(1)TOP↑
この記事にコメント
件名:「街元気」のご紹介  主催:経済産業省  事務局:(独)中小企業基盤整備機構
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室
ご担当者 様

この度は、突然のお便り、大変失礼致します。
貴サイトを拝見し、「街元気~人材育成プロジェクト~」をぜひお役立て頂きたく、お便りをさせて頂きました。

 私どもは中小企業基盤整備機構と申しまして、地域や中小企業への支援を行っております独立行政法人です。

「街元気~人材育成プロジェクト~」は経済産業省が主催し、(独)中小企業基盤整備機構が事務局として運営しております、まちづくりに携わる人材を育成することを目的として行っている事業です。
 
 この度は、貴サイトを拝見し、まちづくりに関わっている方々にもっと当プロジェクトを知って頂き、お役立て頂きたいと思い、お便り致した次第です。

「街元気~人材育成プロジェクト~」では、中心市街地の活性化に携わる人材を育成するべく、現地研修や情報提供事業を行っております。
なお、当プロジェクトでは、入会費・年会費・受講料などは一切不要です(※現地研修にご参加頂く場合、の旅費・食費・宿泊費は各自ご負担頂きます)。

まちづくりについて、基礎から応用まで、体系的に学んでいただけるプログラムとなっておりますので、是非、お気軽にご参加頂きたく、ご検討のほど宜しくお願い申し上げます。
「街元気~人材育成プロジェクト~」http://www.machigenki.jp/


■街元気事務局■
担当:川又
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 地域経済振興部 
中心市街地支援室(まちづくり推進課内)    
Tel:03-5470-1632 
Fax:03-5470-1178
e-mail:machigenki@smrj.go.jp
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
【公共政策】の情報を最新ブログで検索してみると…
公共政策 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
2007/12/27(Thu) 21:23:53 |  マッシュアップサーチラボ
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。