FC2ブログ
住民、企業、NPOなどの民間と行政の協働により都市の緑とオープンスペースを確保・活用するうえでの基本的視点と具体的方策について述べよ。 (平成16年度技術士二次試験 都市及び地方計画)

1.はじめに
 都市構造の変換における緑とオープンスペースの変化は、都市化社会の時代に市街地の急速な拡大により、見返りとして確保されたa画一的な公園や緑地から、成熟段階の都市型社会の時代を迎え、コンパクトな都市形成を必要とする既成市街地の再構築では、b地域特性に応じた多様な公園や緑地が求められている。
 都市の緑とオープンスペースは、良好な都市環境や都市景観の形成、cヒートアイランド現象の緩和、d生物多様性の確保、e防災性の向上、人と自然のfふれあいの場の創出、様々なレクリエーション活動の場の提供などのためにきわめて重要である。
 そこで、民間と行政の協働により都市の緑とオープンスペースを確保・活用するうえでの基本的視点と具体的方策について述べる。

2.都市型社会における現状
 都市は戦後の急速な都市化の進展の中で、経済性や効率性、機能性が重視された結果、都市景観など美しさへの十分な配慮を欠いた。
 g四季の変化を際立たせ、地域固有の景観を形成する緑の必要性は高く、美しい町並みの景観などに対するh地域住民の関心も高まっている。
 都市及び都市近郊の地域における生物多様性の基盤は、水と緑を基調とする空間にi限定され、永続性の担保がないj民有の樹林地などは年々減少している。

3.緑とオープンスペースを確保、活用するうえでの基本的視点
 都市の緑の創出・保全・活用は、都市公園、広場、河川緑地、街路樹などのk公共施設としての緑の整備、l土地利用規制による開発からの緑の消滅防止、公共施設、民有地を問ない都市緑化の推進により、都市の緑を増やして生態系を保持し、緑豊かな都市を創造することで成立する。
 緑の効果的な活用は、緑豊かなまちづくりを利用者の視点に立ち、行政と市民、企業、NPOの適正な役割分担のもとで推進することが必要である。具体的には、以下の4つの視点に従い活用していくことが望まれる。
(1)美しいm地域景観の形成を図る。
(2)花や緑により豊かな生活環境を実現し、地域固有の歴史的・文化的風土に根ざしたn緑豊かなまちづくりを参加と連携により推進する。
(3)生物多様性の確保を図る。
(4)p地球温暖化対策とヒートアイランド現象の緩和。

4.緑とオープンスペースを確保、活用するうえでの具体的方策
(1)四季の変化に富み、自然と人間のふれあう美しい地域景観の形成は、水と緑からなる良好な環境の価値を正しく認識、評価し、水と緑の保全・創出を図る。
(2)花や緑はうるおいのある豊かで質の高い生活空間を創出するうえで大きな効果があり、その実現に関しては個人や企業、NPOをはじめ多様な活動が期待される分野である。これらの活動を通じて歴史的・文化的風土を醸成する緑豊かな都市を将来にわたり保存、継承するには、環境や防災と関わりの強い緑のq公共意識を高め、民有地のr社会的価値を所有者が認識するよう、sミッションをもったtNPOなどの活動が特に重要である。
(3)多様な生物生息環境の確保は、都市公園、河川、道路等の公共公益施設の緑と、u緑地保全地域等の永続性が担保された緑のvネットワークが必要である。
 緑の適切な保全・管理は、都市計画制度(w地区計画等)の活用、市民緑地制度や管理協定制度など多様な主体の参加による行う必要がある。
(4)都市の緑は二酸化炭素による地球温暖化対策、ヒートアイランド現象の緩和など、都市環境の保全・改善に寄与しており、都市再生においては芝生地や樹木によりx風の道や日陰の形成を図り、y屋上緑化や壁面緑化を推進する必要がある。

5.おわりに
 今後、益々財政事情が厳しくなる中、都市において積極的に緑とオープンスペースを確保・活用するには、既存緑地の保全と併せ、公園、河川、道路等を一体的に事業推進することによりz緑の骨格軸を形成し、個人、企業、NPOなどが花や緑を活用した緑豊かなまちづくりへの参加が効果的と考える。

01/18|授業 現代都市計画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター