上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
以下の文章は土地利用計画について述べたものである。下記の空欄に該当する語句を記入せよ。(この例題では空欄はもうけていません。授業プリントのabc...に類似した形式になります)

 (土地利用の課題)土地利用の観点からの都市問題として、①土地利用のa混在、②市街地のbスプロール、③大都市の拡大とcドーナツ化現象、④h地方都心部の衰退が指摘できる。
 住居地域への倉庫・工場等の立地や、工業地域での住宅・店舗・事務所の混在(①土地利用のa混在)、都市近郊での、道路・下水・公園等の都市基盤を伴わない無秩序な市街地の進展(②市街地のbスプロール)は代表的な問題である。また、大都市の拡大とともに、都心部はオフィスと店舗の集積の場と化し、d都心人口の減少とe郊外人口の増大、それに伴う郊外から都心への交通渋滞、都心部での学校の統廃合、郊外での公共施設の不足なども土地利用上の問題である。郊外では、従前居住者と新規居住者間のfコミュニティ形成に困難を来たし、g高齢者サポートの必要性の増大などが課題として生じている。地方では、郊外iショッピングセンターの立地による中心市街地の衰退、それに伴う中心性の喪失、都心のj空洞化、都市の魅力の減少が進んでいる。

 (土地利用計画の目的)これらの問題を解決するため、さらに、①都市における活動を活発化し、②都市の居住性を高め、③都市空間における歴史と文化を保全し、④土地の有効な活用を図るためにも土地利用計画を構想し実施することは重要である。

 (土地利用計画のあり方)その際、k長期的およびl広域的視点が必要なことは言うまでもないが、あわせて、商業・業務・居住・工業などの機能ごとにそのm立地性向を踏まえた計画が必要となる。商業・業務機能は人やものが集まりやすい都心に、住宅は郊外の交通が便利な区域に立地する傾向がある。工業や流通は道路や港湾等の交通条件がよく、広い用地の確保が可能な区域に立地するのである。またそうした性向を踏まえながらも、新しい都市の発展軸や地域の開発整備の際には、政策的な誘導も必要になる。また、上述した土地利用の混在を解消するため、土地利用をn純化し、個々の土地利用相互に軋轢や摩擦が生じないようにすることが必要となる。しかしその際、純化によって都市が単調で魅力のないものにならないように配慮することも必要になる。住居・工業・商業等の土地利用相互の規模・配置等については、都市全体の構成や趨勢を配慮し、互いにo整合性をもつものにしなければならない。

 (土地利用計画の方法)土地利用計画の実現方法としては、様々なp誘導・q規制がある。マクロからミクロな地区へと段階的に構成されている。まず、r都市計画区域を設定し、①都市計画を行う範囲と単位の設定を行う。次に区域区分(s線引き)を行い、②都市計画区域の中を都市と農村に分ける。③都市にする範囲(市街化区域)と市街化調整区域それぞれの将来像を描き、それを目指した土地利用の実現手段を実施する(地域地区・t用途地域の設定)。④用途地域に指定された中の特定の街や調整区域の特定の地区において、その地域に必要な土地利用計画を講ずるには、u地区計画等の設定という方法がある。

05/17|授業 現代都市計画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
近畿大学理工学部建築学科都市計画研究室は、2007年4月より新しく生まれ変わりました。

urbankindai

urbankindai

これまで培われてきた「地域・生活に根ざし地域とともに考える」という視点を継承しつつ、フィールドをアジアに広げ活動を進めていきます。
活動内容
リンク
最近の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。